【2020年】小学生におすすめのプログラミングスクールを厳選

小学生におすすめのプログラミングスクールを厳選

LITALICOワンダー

月12,000円~(別途教材費:月1,000円)

LITALICOワンダーのロボット教室は、特に決まったカリキュラムがないところが他と違う大きな特徴で、子供の何をしたいという希望を大切にして授業を設計してくれます!

授業中や、授業の待ち時間などに日ごろから積極的にコミュケーションをとり、その子供がどんなことに興味があってどんなことが得意なのかなど、個性を把握できるよう努めてくれます。

その上でその子供にあった進め方を、その都度提案していくという感じです。

子供3,4人に対してスタッフ1名が配置され指導するかたちをとっていますが、同じ指導をするのではなく、それぞれの子供に合った対応をします。

作るロボットも決まっていなくてどんなロボットを作りたいか話し合って決めていきます。

いつまでにロボットを仕上げるといった制約もないので、子供のペースに合わせて進めてくれます。

決まったカリキュラムがないのは、ロボット教室では珍しいです…!

その子一人一人に合わせて完全にオリジナルのカリキュラムを作ってくれるというところはなかなか他にはないので、そういうのを希望される方にはぜひおすすめな教室です。

また、LITALICOワンダーにはロボット制作のコース以外に、ゲームプログラミングのコースと、3Dプリンター等のデジタル工作のコースもあります。

LITALICOワンダーはこちら

Tech Kids School

月19,000円~(別途教材費:月2,000円)

テックキッズスクールの運営企業であるサイバーエージェントは、有名ブログサービスAmeba blog(アメブロ)やネットテレビである「AbemaTV」、オンラインゲーム「グランブルーファンタジー」等、多角的な展開を行うインターネット関連企業です。

インターネットやプログラミングの重要性に早くから気づいていた同社は、2013年から子ども向けのプログラミングスクールであるTech Kids School(テックキッズスクール)を設立。2019年現在では、6年の間に培ったノウハウで、ゲーム企業・任天堂の子ども向けゲーム開発イベントにも協力している他、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の子ども向けプログラミング教材等にも制作協力をしています。

単に「有名」というだけでなく、IT企業各社がキッズ向けイベントや企画にそのノウハウを欲しがるような「実力派プログラミングスクール」という点が、テックキッズスクールの大きな魅力と言えるでしょう。

テックキッズスクールはこちら

D-SCHOOLオンライン

月3,980円~

D-SCHOOLオンラインは、21世紀の教養と言われているプログラミングが楽しく学べる新感覚のオンライン学習コースです。

これからのデジタル社会を生きていく子どもたちにとって英語力はもちろんのこと、ロジカルな思考力や集中力、そして創造力は大切なスキルと言われています。

そんな将来必須のスキルを、英語、プログラミング、ロボットを楽しみながら学ぶことができるのが、D-SCHOOLオンラインというわけです。

自宅に居ながら大好きなマインクラフト(マイクラ)でプログラミングを学ぶ事ができます。勉強が苦手なお子さまにでも楽しみながら自分の思考で物を作る力が身についていくのでオススメです。

D-SCHOOLオンラインはこちら