Webpack4で複数エントリに分けてビルドする方法

frontend-4342425_1280

目的

  1. 複数の静的なHTML・CSS・JSを作成して公開したい
  2. JSやCSSは圧縮してソースコードを簡単に盗まれないようにしたい
  3. 依存性をチェックして不具合を事前に見つけられるようにしたい

WebPackを利用するメリット

静的なHTML・CSS・JSを作成して公開したいだけであれば、わざわざWebpackを使わなくても良いのでわ?と思う方も居ると思いますが、そのまま公開した場合、CSSやJSファイルのソースコードが丸見えの状態となりすぐにコピーされてしまうのでソースコードをそのまま公開するのは出来るだけ避けたいと考えました。

Webpackは、複数のJSファイルを依存性をチェックしながら1ファイルに統合して最適化します。最適化されたJSファイルは、HTMLファイルのbody下部に自動で挿入されます。JSファイルの読み込み順の誤りや不足しているモジュールがあるとビルドの段階で不具合に気づくことが出来るので、Webを開発する際にとても便利なツールです。また、豊富なプラグインが用意されている為、用途にあった様々な機能を利用することが出来ます。

css-loader

複数のCSSファイルを1ファイルに統合します。またMiniCssExtractPluginを組み合わせる事で圧縮して最適化する事が出来、圧縮されたCSSファイルは、HTMLファイルのhead内に自動で挿入されます。

作成したソースコード

https://github.com/isystk/webpack4-sample

使い方

yarn install
yarn run dev
open http://localhost:3000/

Demo

https://demo.isystk.com/webpack4/

ディレクトリ構成

 .
 ├── dist (ビルドした静的ファイルを出力するディレクトリ)
 ├── src (ソースコード)
 │   ├── assets (静的ファイル)
 │   │   ├── css
 │   │   │   ├── common.css
 │   │   │   └── normalize.css
 │   │   ├── html
 │   │   │   ├── blog.html
 │   │   │   └── company.html
 │   │   ├── images
 │   │   ├── js
 │   │   │   ├── common.js
 │   │   │   └── jquery-3.4.1.min.js.js
 │   │   └── index.html
 │   ├── blog.js (サブエントリ1)
 │   ├── company.js (サブエントリ1)
 │   └── index.js (ルートのエントリ)
 ├── package.json
 └── webpack.config.js

package.json

{
  "name": "webpack4-sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "WebPack4 Sample",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "build": "npx webpack --mode production",
    "dev": "npx webpack-dev-server --mode development"
  },
  "repository": {
    "type": "git",
    "url": "https://github.com/isystk/webpack4-sample.git"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "bugs": {
    "url": "https://github.com/isystk/webpack4-sample/issues"
  },
  "homepage": "https://github.com/isystk/webpack4-sample#readme",
  "devDependencies": {
    "@fortawesome/fontawesome-free": "^5.12.1",
    "clean-webpack-plugin": "^3.0.0",
    "css-loader": "^3.4.2",
    "html-loader": "^0.5.5",
    "html-webpack-plugin": "^3.2.0",
    "mini-css-extract-plugin": "^0.9.0",
    "optimize-css-assets-webpack-plugin": "^5.0.3",
    "webpack": "^4.41.5",
    "webpack-cli": "^3.3.10",
    "webpack-dev-server": "^3.10.3"
  },
  "dependencies": {
    "file-loader": "^5.0.2"
  }
}

webpack.config.js

const src = __dirname + '/src';
const dist = __dirname + '/dist/'

const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');
const TerserPlugin = require('terser-webpack-plugin');
const MiniCssExtractPlugin = require('mini-css-extract-plugin');
const OptimizeCSSAssetsPlugin = require('optimize-css-assets-webpack-plugin');
const {CleanWebpackPlugin} = require('clean-webpack-plugin');

const webpackConfig = {
  context: src,
  entry: {
    index: './index.js',
    blog: './blog.js',
    company: './company.js',
  },
  output: {
    path: dist,
    filename: 'js/[name].js'
  },
  devServer: {
    contentBase: dist,
    compress: true,
    port: 3000,
    open: true,
  },
  module: {
    rules: [
      {
        test: /\.html$/,
        loader: 'html-loader'
      },
      {
        test: /\.css$/,
        use: [
          {
            loader: MiniCssExtractPlugin.loader
          },
          'css-loader'
        ]
      },
      {
          test: /\.(jpe?g|png|gif)$/,
          use: [
              {
                  loader: 'file-loader',
                  options: {
                      name: '[name].[ext]',
                      outputPath : 'images/',
                      publicPath : function(path){
                          return '../images/' + path;
                      },
                      esModule: false
                  }
              }
          ]
      }
    ]
  },
  plugins: [
    // distの中を初期化する
    new CleanWebpackPlugin(),
    new HtmlWebpackPlugin(),
    new MiniCssExtractPlugin({
      filename: 'css/common.css' // Dist
    })
  ],
  optimization: {
    minimizer: [
      new TerserPlugin(), // JavaScript の minify を行う
      new OptimizeCSSAssetsPlugin() // CSS の minify を行う
    ]
  }
}

Object.keys(webpackConfig.entry).forEach((key) => {
  webpackConfig.plugins.push(
    new HtmlWebpackPlugin({
      template: (key==='index') ?  './assets/index.html' : './assets/html/'+key+'.html', // Source
      filename: (key==='index') ?  './index.html' : './html/'+key+'.html', // Dist
      inject: true,
      chunks: [key], // insert to the root of output folder
    })
  );
})

module.exports = webpackConfig;

こだわりのポイント

  • 元のHTML・JS・CSS のディレクトリ構成はそのままに、JS・CSSのみ最適化させた状態で出力されるようにしている
  • webpack.config.js 内で、複数のHTMLをHtmlWebpackPlugin で読み込む際にHTMLファイル数分同じような記述しなくて済むようにしている

最後に

Webpackは、エンジニアだけでなくデザイナー(コーディング)する際にも非常に便利な機能が備わっています。このサンプルを利用して少しでもお役に立てれば幸いです。よかったら”いいね!”してシャアをお願い致します。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。